「鍼灸治療の流派、パート16」大阪市、西区、阿波座

更新日:2019年4月11日


2019、4、10

国家試験当日の前の夜や、その日の朝をどういう気持ちで過ごしたか、今となっては

うまく思い出せない。

ぐっすり眠れたし、目覚めも快調だったと思う。

多分緊張というものがさほどなかったのだろう。

ただ「ああ、インフルエンザに見舞われずに今日を迎えられてほっとした」と思った

ことは覚えている。

なぜ緊張がなかったのか?

多分じたばたしても今更どうしようもない、と腹をくくることができたのだと思う。

何事もそう思えればいいのだけど。

2月の最終の土曜日、この日が按摩・マッサージ・指圧のペーパー試験である。

部屋を出て冷たい風が吹く中、8時に試験会場に入る。

知らない人たちがたくさんすでに座に着いていた。

まず受験票を忘れず指定された僕の席の机の上の端に置く。

パーキンスとプレストークをセットして、それからトイレにも行っておく。

試験開始まで30分以上あったがあっと言う間に時間は過ぎて、どことなく神聖な空

気の満ちる広い試験会場に問題用紙が配り始められた。

「号令がかかるまで用紙は裏向けておくように」という試験官の声が広い部屋に響く。

そこから長い注意事項が述べられる。

「不正が認められた時には、その場で退場を命じます。

そして同時に以後の受験資格を失くすしますので、肝に銘じて下さい」というとても冷

たい口調の注意事項が耳に残る。

注意事項が終わると、しばし会場はシンと静まり返る。

そしてやがて「始め!」という鋭い声が響く。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Let's begin、パート3」大阪市、西区、阿波座

僕はラジオ文化放送の「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」という番組を、ポッドキャス トに登録して聴いている。 本好きの鉄矢さんが読んで興味深い、と思ったものを鉄矢さんなりに解釈して面白く リスナーに紹介する番組である。 少々こねくり回し過ぎのきらいはあるが、鉄矢さんのあざやかな話術と目の付け所に感心 も感動もしながら楽しんでいる。 アシスタントの水谷加奈さんの明るく能天気な性格と、腹の底では鉄矢さんの言

「Let's begin、パート2」大阪市、西区、阿波座

鍼灸学校を卒業する時に掲げた自己努力目標が、鍼灸に寄る開業、勤め、流派の修行 、音楽活動の継続(音楽教室運営や合唱団指導を含む)、詩作。 この五つであった。 卒業後詩作以外は自分なりに実行を試みてきた。 10年前までは同人誌に参加し書くことを楽しむことができていたが、いろいろあっ て同人誌を止めてからは書くという環境をなくして、筆も進まなくなり詩からは遠ざ かっていた。 ここに来てちょっとした切っ

「Let's begin、パート1」大阪市、西区、阿波座

僕がちょうど小学校の高学年ぐらいだった頃、テレビドラマで「飛び出せ青春」というのが放映され始めました。 登場人物は高校生で僕にとっては随分お兄さんお姉さんたちのドラマだったけど、憧れを 持って夢中になって毎週見ていました。 それを今になってもう一度見て見たくなり、検索してDVDを探してみると、僕と同じ 世代の人たちの中でやはりファンが多いらしく、全24話5本セットのDVDにプレミア がついて高い値