「鍼灸治療の流派、パート16」大阪市、西区、阿波座

更新日:2019年4月11日


2019、4、10

国家試験当日の前の夜や、その日の朝をどういう気持ちで過ごしたか、今となっては

うまく思い出せない。

ぐっすり眠れたし、目覚めも快調だったと思う。

多分緊張というものがさほどなかったのだろう。

ただ「ああ、インフルエンザに見舞われずに今日を迎えられてほっとした」と思った

ことは覚えている。

なぜ緊張がなかったのか?

多分じたばたしても今更どうしようもない、と腹をくくることができたのだと思う。

何事もそう思えればいいのだけど。

2月の最終の土曜日、この日が按摩・マッサージ・指圧のペーパー試験である。

部屋を出て冷たい風が吹く中、8時に試験会場に入る。

知らない人たちがたくさんすでに座に着いていた。

まず受験票を忘れず指定された僕の席の机の上の端に置く。

パーキンスとプレストークをセットして、それからトイレにも行っておく。

試験開始まで30分以上あったがあっと言う間に時間は過ぎて、どことなく神聖な空

気の満ちる広い試験会場に問題用紙が配り始められた。

「号令がかかるまで用紙は裏向けておくように」という試験官の声が広い部屋に響く。

そこから長い注意事項が述べられる。

「不正が認められた時には、その場で退場を命じます。

そして同時に以後の受験資格を失くすしますので、肝に銘じて下さい」というとても冷

たい口調の注意事項が耳に残る。

注意事項が終わると、しばし会場はシンと静まり返る。

そしてやがて「始め!」という鋭い声が響く。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今朝のヤフーニュースを見て二度驚愕した。 去年に発生していた重大事件が今になって公開されたこと。 膨大に広がる将来を約束されていた少年の命を奪ったのが政府の政策であること。 「ワクチン接種数時間後に急死 「息子は浴槽に沈んでいた…」国の結論はまたも“ 評価不能” 8月25日(木曜日) 17時51分配信 CBCテレビ 新型コロナワクチンを接種したその日に息を引き取った13歳の少年。 少年の搬送先の病

この国の専門家と呼ばれる人たちは、どうしてこうピントが外れているのだろう、と 首を捻ることが三つ出て来た。 一つはコロナ感染対策、もう一つはヒトパピロマウイルス感染予防、それからワクチ ン接種のことである。 コロナ感染対策としてマスコミに出て来る専門家たる医療関係者が皆訴えるのが、手 洗い、うがい、マスク、三密回避である。 ここに鼻うがい、という項目はいつも含まれない。 僕の記憶では、コロナに関わ

浅田次郎の「一刀斎夢録」という長編小説を読み終わった。 新撰組の三番隊長を務めていた斎藤一(さいとうはじめ)が、戊辰戦争の度重なるいくさ を潜り抜け、西南戦争にも参加し70歳を超えた大正時代まで生き延び、剣の道を究 めようとする若い陸軍将校を相手に、京都での新撰組華やかしころから政府軍の反逆 者の位置に追いやられて悪者扱いされて次々無惨な最期を迎えるまでを、記憶を辿って 話し聞かせることが小説にな