「鍼灸治療の流派、パート18」大阪市、西区、阿波座

2019、9、12

卒業式の後、夕方からは謝恩会が開催されることになっていた。

一度家に帰り、少し仮眠を取る。

なぜなら今日は徹夜になるからだ。

謝恩会の後、カラオケボックスに入って一晩中というのが毎年の恒例らしい。

恐ろしいことだ。

そんなこと、学生時代以来やったことがない。

夕方に目を覚まし、着替えて難波の謝恩会会場へ。

ほとんどの先生は出席下さっている。

何人かの先生には個人的にもお礼を言いたかったのだが、レクレーションや何やらが

満載で話す機会もない。

そうこうしているうちに会は終了。

先生方を見送って、会場を出ると我々はぞろぞろとカラオケの店に。

カラオケボックスと言っても30~40人ほど入れる大広間だった。

見ると数人の先生方はここまでもお付き合いくださっている。

その時点で21時ぐらい。

なんとそこから朝の5時ごろまで熱唱が続くのである。

歌う曲もない僕は何とか一曲だけマイクを握ったきり、後はずっと頭の痛くなるような

大音響の中で漫然と時間を過ごす。

他の者もそりゃ疲れていると思うが、三年間の打ち上げとなるとそれぐらいは必要な

のだろう。

6時を過ぎたころにようやく外に出ると、空は白々明け始めている。

僕はその日、朝の10時から合唱団の指導があるので、皆に別れを告げて喫茶店で時間

を潰して練習会場へ。

一睡もしていないわりには元気である。

12時に練習を終え、地下鉄を何度か乗り換えて自分の寝床に向かって帰る。

そのころにはかなり頭がぼーっとして来た。

ある地下鉄の駅で電車を乗り換えるべく構内を歩いていると、一人の男性が「一緒に

行きましょうか」と声を掛けて下さり、腕を借りる。

ホームに降りる階段を共に下ったところで、僕とは逆の方向の男性の乗る電車が到着

したので、彼は挨拶してその電車に乗り込む。

僕は一人でホームの上をぶらぶら進む。

眠気で頭がぼーっとして思考が働かない。

ふと気が付くと地面が消え、体がふわりと奈落に落ちる。

その刹那「どうして僕は線路に落ちるのだろう」と不思議に思ったことを覚えている。



10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Let's begin、パート3」大阪市、西区、阿波座

僕はラジオ文化放送の「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」という番組を、ポッドキャス トに登録して聴いている。 本好きの鉄矢さんが読んで興味深い、と思ったものを鉄矢さんなりに解釈して面白く リスナーに紹介する番組である。 少々こねくり回し過ぎのきらいはあるが、鉄矢さんのあざやかな話術と目の付け所に感心 も感動もしながら楽しんでいる。 アシスタントの水谷加奈さんの明るく能天気な性格と、腹の底では鉄矢さんの言

「Let's begin、パート2」大阪市、西区、阿波座

鍼灸学校を卒業する時に掲げた自己努力目標が、鍼灸に寄る開業、勤め、流派の修行 、音楽活動の継続(音楽教室運営や合唱団指導を含む)、詩作。 この五つであった。 卒業後詩作以外は自分なりに実行を試みてきた。 10年前までは同人誌に参加し書くことを楽しむことができていたが、いろいろあっ て同人誌を止めてからは書くという環境をなくして、筆も進まなくなり詩からは遠ざ かっていた。 ここに来てちょっとした切っ

「Let's begin、パート1」大阪市、西区、阿波座

僕がちょうど小学校の高学年ぐらいだった頃、テレビドラマで「飛び出せ青春」というのが放映され始めました。 登場人物は高校生で僕にとっては随分お兄さんお姉さんたちのドラマだったけど、憧れを 持って夢中になって毎週見ていました。 それを今になってもう一度見て見たくなり、検索してDVDを探してみると、僕と同じ 世代の人たちの中でやはりファンが多いらしく、全24話5本セットのDVDにプレミア がついて高い値