「鍼灸治療の流派、パート18」大阪市、西区、阿波座

2019、9、12

卒業式の後、夕方からは謝恩会が開催されることになっていた。

一度家に帰り、少し仮眠を取る。

なぜなら今日は徹夜になるからだ。

謝恩会の後、カラオケボックスに入って一晩中というのが毎年の恒例らしい。

恐ろしいことだ。

そんなこと、学生時代以来やったことがない。

夕方に目を覚まし、着替えて難波の謝恩会会場へ。

ほとんどの先生は出席下さっている。

何人かの先生には個人的にもお礼を言いたかったのだが、レクレーションや何やらが

満載で話す機会もない。

そうこうしているうちに会は終了。

先生方を見送って、会場を出ると我々はぞろぞろとカラオケの店に。

カラオケボックスと言っても30~40人ほど入れる大広間だった。

見ると数人の先生方はここまでもお付き合いくださっている。

その時点で21時ぐらい。

なんとそこから朝の5時ごろまで熱唱が続くのである。

歌う曲もない僕は何とか一曲だけマイクを握ったきり、後はずっと頭の痛くなるような

大音響の中で漫然と時間を過ごす。

他の者もそりゃ疲れていると思うが、三年間の打ち上げとなるとそれぐらいは必要な

のだろう。

6時を過ぎたころにようやく外に出ると、空は白々明け始めている。

僕はその日、朝の10時から合唱団の指導があるので、皆に別れを告げて喫茶店で時間

を潰して練習会場へ。

一睡もしていないわりには元気である。

12時に練習を終え、地下鉄を何度か乗り換えて自分の寝床に向かって帰る。

そのころにはかなり頭がぼーっとして来た。

ある地下鉄の駅で電車を乗り換えるべく構内を歩いていると、一人の男性が「一緒に

行きましょうか」と声を掛けて下さり、腕を借りる。

ホームに降りる階段を共に下ったところで、僕とは逆の方向の男性の乗る電車が到着

したので、彼は挨拶してその電車に乗り込む。

僕は一人でホームの上をぶらぶら進む。

眠気で頭がぼーっとして思考が働かない。

ふと気が付くと地面が消え、体がふわりと奈落に落ちる。

その刹那「どうして僕は線路に落ちるのだろう」と不思議に思ったことを覚えている。



9回の閲覧

© 茶木鍼灸院 All rights reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon