「鍼灸治療の流派、パート23」大阪市、西区、阿波座

皆さんの家で使用している塩はどのようなものですか。

食塩と呼ばれているものですか、それとも天然塩ですか。

治療に来られる50歳以上の方々は、驚くほど皆血圧降下剤を飲んでいます。

医師に勧められて飲まされていることもありますが、血圧が高くなる原因を

年だから、と納得している人がほとんどです。

しかしこれが年とは関係なく、日常口にしている塩が原因とすればどうでしょう。

スーパーなどで売っている白いさらさらした塩、いわゆる食塩と呼ばれる企業が生成

しているものは、塩化ナトリウムという人工的な化学物質から作っています。

こういうものは1970年代に出て来るようになりました。

大量に生産できるし、ものすごく安価です。

口に入れるとピリッと刺激があります。

安いから皆これに飛びつきますが、毎日摂取していると塩化ナトリウムが血液中に蔓

延して、体がこりゃいかん、ということでバソプレシンというホルモンを分泌し

ておしっこを出なくして水分を血液中に回して薄めようとします。

その結果血液量が増えて、血管壁への圧力が増し、血圧が上昇して行くらしいです。

スーパーで買うパンなどにも大量に食塩が使用されていると思われます。

家で使用している塩だけを見てもだめで、醤油、ポン酢、漬物、味噌などにどのよう

な塩が使用されているかも見なければならないことになります。

我々の身体で大病を引き起こす原因が食塩にあることは明解です。

逆に天然塩にはカルシウム、マグネシウムなども多く含まれていて、カルシウムは

血圧を下げる効果があると言われています。

「一日に摂取する塩分は7グラムに抑えること」なんて言われますが、それは食塩

の場合で、天然塩ならもっと取っても大丈夫です。

そして我々の体は塩分(ミネラル)を必要としています。

外食の恐ろしさはそこにあります。

塩のことまで考えてくれている店はほとんど皆無です。

でもあることはあります。

良い塩を使えばそれだけ料理の味も勝るからです。

僕の場合、食べ放題のある店、やたら安い店、チェーン店(コストを下げることしか

考えていないから)、舌に刺激のある塩辛さの料理の店(客の喉を枯らしてもっとビー

ルを注文させようとする焼鳥屋など)などには近づかないようにしています。

食べ物だけにはお金を掛けましょう!

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

「鍼灸治療の流派、パート22」大阪市、西区、阿波座

2020、5,5 阿波座に茶木鍼灸院を開設して、2年が過ぎようとしていた。 そのころも時間を見つけては師匠のところに通い、その都度ボロクソに言われながら も、少しずつでも技術を盗もうと躍起になっていた。 厳しい指導を受けながらも不思議とそれさえとても楽しく、その都度確実に獲得して 行く知識と技術を楽しんでいた。 一方、一年間勤め先を探し回った末、そのころには結局卒業時に学校から

無題   大阪市、西区、阿波座  

2020、4、20 次に思い出すのが、僕が歌の勉強のためにドイツに旅立つ日、家の近くのスーパーの 前まで一緒に歩いて、大きなスーツケースを転がす僕を見送って「ほな、元気に行っ てらっしゃい!」と声を掛けた母。 その後、僕は7年間帰国しなかった。 帰ったら妹に双子の子供が生まれていて、もう三歳になっていた。 母はお土産に持ち帰った香水を嬉しそうに服の上から振りかけていた。 それ以後を思い出そうとして

無題   大阪市、西区、阿波座

2020、4、12 僕が母を思い返す時、いつも瞼に浮かぶいくつかの時代の映像がある。 まず最初に浮かぶのは、窓から降り注ぐ午前の日差しを受けて明るく光る玄関の床に 四つん這いになって雑巾がけをする若い母の姿である。 僕はおそらく4歳ごろ、母は28歳というところであろうか。 その次は小学校一年に入学する前の学校訪問である。 弱視である僕を盲学校に入れることを深く悩んだ母は、おそらく決心できぬまま学校

© 茶木鍼灸院 All rights reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon