「鍼灸治療の流派、パート23」大阪市、西区、阿波座

皆さんの家で使用している塩はどのようなものですか。

食塩と呼ばれているものですか、それとも天然塩ですか。

治療に来られる50歳以上の方々は、驚くほど皆血圧降下剤を飲んでいます。

医師に勧められて飲まされていることもありますが、血圧が高くなる原因を

年だから、と納得している人がほとんどです。

しかしこれが年とは関係なく、日常口にしている塩が原因とすればどうでしょう。

スーパーなどで売っている白いさらさらした塩、いわゆる食塩と呼ばれる企業が生成

しているものは、塩化ナトリウムという人工的な化学物質から作っています。

こういうものは1970年代に出て来るようになりました。

大量に生産できるし、ものすごく安価です。

口に入れるとピリッと刺激があります。

安いから皆これに飛びつきますが、毎日摂取していると塩化ナトリウムが血液中に蔓

延して、体がこりゃいかん、ということでバソプレシンというホルモンを分泌し

ておしっこを出なくして水分を血液中に回して薄めようとします。

その結果血液量が増えて、血管壁への圧力が増し、血圧が上昇して行くらしいです。

スーパーで買うパンなどにも大量に食塩が使用されていると思われます。

家で使用している塩だけを見てもだめで、醤油、ポン酢、漬物、味噌などにどのよう

な塩が使用されているかも見なければならないことになります。

我々の身体で大病を引き起こす原因が食塩にあることは明解です。

逆に天然塩にはカルシウム、マグネシウムなども多く含まれていて、カルシウムは

血圧を下げる効果があると言われています。

「一日に摂取する塩分は7グラムに抑えること」なんて言われますが、それは食塩

の場合で、天然塩ならもっと取っても大丈夫です。

そして我々の体は塩分(ミネラル)を必要としています。

外食の恐ろしさはそこにあります。

塩のことまで考えてくれている店はほとんど皆無です。

でもあることはあります。

良い塩を使えばそれだけ料理の味も勝るからです。

僕の場合、食べ放題のある店、やたら安い店、チェーン店(コストを下げることしか

考えていないから)、舌に刺激のある塩辛さの料理の店(客の喉を枯らしてもっとビー

ルを注文させようとする焼鳥屋など)などには近づかないようにしています。

食べ物だけにはお金を掛けましょう!

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日奈良県郡山市の近鉄郡山駅と筒井駅の間の小さな踏切で、全盲の女性が電車には ねられ死亡した。 事故の処理に当たった警察によると30代から40代の女性、とされていたが、身元 が分かれば丁度50歳だったらしい。 現場には白杖と障害者手帳の入ったバッグが散らばり、それから本人が倒れていた。 おそらく電車にはねられた、というよりはひっかけられた、という風だったのではな いだろうか。 でもとにかく彼女は命

近年食べ物に関してはどうも日本食ばかりに気が向く。 鰹、昆布、いりこ出汁の香りの料理がとにかく何ともほっとした気持ちにさせてくれる。 そういった出汁の香りを嗅ぐと、いつもお婆ちゃんの家が目に浮かぶ。 京都の御所の近くのとても古い町屋。 犬矢来の脇の格子戸を開けて暗い家に入ると、石の床の廊下が裏庭まで真っ直ぐに伸 びている。 鰻の寝床である。 廊下の左に、台所を挟んで三つの大きな部屋が細長く並んでい

皆さんももう気付いていることとは思うが、このところ家庭内の虐待で子供が命を落 としている事件があまりにも多い。 誰もがこの悲惨な事件を直視することができず、別世界の出来事としてそこに視線を できるだけ向けないようにして生きているはずである。 しかしこれは我々の中にも含まれている問題だろうと僕は考える。 平安時代比叡山で権勢を振るっていた寺の僧兵たちが、定期的に馬で群れを成して京 都の町を襲い、市民