「Let's begin、パート1」大阪市、西区、阿波座


僕がちょうど小学校の高学年ぐらいだった頃、テレビドラマで「飛び出せ青春」というのが放映され始めました。

登場人物は高校生で僕にとっては随分お兄さんお姉さんたちのドラマだったけど、憧れを

持って夢中になって毎週見ていました。

それを今になってもう一度見て見たくなり、検索してDVDを探してみると、僕と同じ

世代の人たちの中でやはりファンが多いらしく、全24話5本セットのDVDにプレミア

がついて高い値段で売りだされていたのです。

すでに製造はされていないので、すべて中古品。

そんな中、メリカリで¥26000というのを見つけ、これは破格だと思い思わず買って

しまいました。

商品が届くと、とても保存状態の良いもので綺麗でした。

今見るとストーリーは稚拙で、セリフは臭い!

それでも河野先生のドシンと重い一言や、中にはとても良い台本の巻もあって涙を流し

ながら見ることもできます。

やはり今見ても不思議な魅力があるのです。

48年前には携帯もスマホもないし、車のエンジン音は何だか独特だし、国鉄の駅には

汽車さえ走っているのです。

汽車?

何だかおかしいけど、舞台になっている横須賀市ではそうだったのかな?


我々の世代の中学、高校時代の様々な考え方や生き方は、このドラマから影響を受けた

ことが多かったと思います。

河野先生が常に一貫して持っている信念のようなものが、今見てもとても刺激になります。

生徒同士、先生と生徒でも何かあればすぐ殴り合います。

それもまた男同志のスキンシップ、ということになる時代だったのです。

懐かしいねぇ!




5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Let's begin、パート3」大阪市、西区、阿波座

僕はラジオ文化放送の「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」という番組を、ポッドキャス トに登録して聴いている。 本好きの鉄矢さんが読んで興味深い、と思ったものを鉄矢さんなりに解釈して面白く リスナーに紹介する番組である。 少々こねくり回し過ぎのきらいはあるが、鉄矢さんのあざやかな話術と目の付け所に感心 も感動もしながら楽しんでいる。 アシスタントの水谷加奈さんの明るく能天気な性格と、腹の底では鉄矢さんの言

「Let's begin、パート2」大阪市、西区、阿波座

鍼灸学校を卒業する時に掲げた自己努力目標が、鍼灸に寄る開業、勤め、流派の修行 、音楽活動の継続(音楽教室運営や合唱団指導を含む)、詩作。 この五つであった。 卒業後詩作以外は自分なりに実行を試みてきた。 10年前までは同人誌に参加し書くことを楽しむことができていたが、いろいろあっ て同人誌を止めてからは書くという環境をなくして、筆も進まなくなり詩からは遠ざ かっていた。 ここに来てちょっとした切っ

「鍼灸治療の流派、パート23」大阪市、西区、阿波座

皆さんの家で使用している塩はどのようなものですか。 食塩と呼ばれているものですか、それとも天然塩ですか。 治療に来られる50歳以上の方々は、驚くほど皆血圧降下剤を飲んでいます。 医師に勧められて飲まされていることもありますが、血圧が高くなる原因を 年だから、と納得している人がほとんどです。 しかしこれが年とは関係なく、日常口にしている塩が原因とすればどうでしょう。 スーパーなどで売っている白いさら