「Let's begin、パート1」大阪市、西区、阿波座


僕がちょうど小学校の高学年ぐらいだった頃、テレビドラマで「飛び出せ青春」というのが放映され始めました。

登場人物は高校生で僕にとっては随分お兄さんお姉さんたちのドラマだったけど、憧れを

持って夢中になって毎週見ていました。

それを今になってもう一度見て見たくなり、検索してDVDを探してみると、僕と同じ

世代の人たちの中でやはりファンが多いらしく、全24話5本セットのDVDにプレミア

がついて高い値段で売りだされていたのです。

すでに製造はされていないので、すべて中古品。

そんな中、メリカリで¥26000というのを見つけ、これは破格だと思い思わず買って

しまいました。

商品が届くと、とても保存状態の良いもので綺麗でした。

今見るとストーリーは稚拙で、セリフは臭い!

それでも河野先生のドシンと重い一言や、中にはとても良い台本の巻もあって涙を流し

ながら見ることもできます。

やはり今見ても不思議な魅力があるのです。

48年前には携帯もスマホもないし、車のエンジン音は何だか独特だし、国鉄の駅には

汽車さえ走っているのです。

汽車?

何だかおかしいけど、舞台になっている横須賀市ではそうだったのかな?


我々の世代の中学、高校時代の様々な考え方や生き方は、このドラマから影響を受けた

ことが多かったと思います。

河野先生が常に一貫して持っている信念のようなものが、今見てもとても刺激になります。

生徒同士、先生と生徒でも何かあればすぐ殴り合います。

それもまた男同志のスキンシップ、ということになる時代だったのです。

懐かしいねぇ!




閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今朝のヤフーニュースを見て二度驚愕した。 去年に発生していた重大事件が今になって公開されたこと。 膨大に広がる将来を約束されていた少年の命を奪ったのが政府の政策であること。 「ワクチン接種数時間後に急死 「息子は浴槽に沈んでいた…」国の結論はまたも“ 評価不能” 8月25日(木曜日) 17時51分配信 CBCテレビ 新型コロナワクチンを接種したその日に息を引き取った13歳の少年。 少年の搬送先の病

この国の専門家と呼ばれる人たちは、どうしてこうピントが外れているのだろう、と 首を捻ることが三つ出て来た。 一つはコロナ感染対策、もう一つはヒトパピロマウイルス感染予防、それからワクチ ン接種のことである。 コロナ感染対策としてマスコミに出て来る専門家たる医療関係者が皆訴えるのが、手 洗い、うがい、マスク、三密回避である。 ここに鼻うがい、という項目はいつも含まれない。 僕の記憶では、コロナに関わ

浅田次郎の「一刀斎夢録」という長編小説を読み終わった。 新撰組の三番隊長を務めていた斎藤一(さいとうはじめ)が、戊辰戦争の度重なるいくさ を潜り抜け、西南戦争にも参加し70歳を超えた大正時代まで生き延び、剣の道を究 めようとする若い陸軍将校を相手に、京都での新撰組華やかしころから政府軍の反逆 者の位置に追いやられて悪者扱いされて次々無惨な最期を迎えるまでを、記憶を辿って 話し聞かせることが小説にな