「Let's begin、パート11」大阪市、西区、阿波座

寒い時期もピークを迎えて、腰の痛みを訴える患者様が多い。

まず一つは腸を冷やしている、ということが原因と思われる。

ビールを初めとした冷たい飲み物を多量に取り、慢性的に腸を冷やし、それが腰の痛

みとなって症状に出る。


次は寝ている時に冷やしてしまっている、という問題。

使っている布団やマットレスの種類や、その環境。

床からの寒気が寝具を通して体に伝わってしまっている場合。


次に入浴の問題。

こんなに寒くてもシャワーで済ませている人がとても多い現状。

忙しくてお風呂を沸かす時間がない。

面倒くさい、など。

シャワーでも体は暖まるがそれは表面だけのことで、表面が熱くなれば体の深部から

冷やそう、という力が働くため、結果体はとても冷える。


そしてもう一つ、仕事場での足もとの冷え。

パソコン作業などで仕事に夢中になり、足もとが冷えていることに気付かないことが

多いようだ。

これがまた腰に来る。


腸を冷やさないためには生ものを避け温かい食べ物、生姜や根菜類などを工夫する。

ビールはとても体を冷やすので避ける。

デスクワークなどでは足もとに暖房器具などを置いて冷えに対処する。


寝る時には腹巻をして、床からの寒気に気を付ける。

レッグウォーマーや湯たんぽを工夫して足元を冷やさないようにする。


いくら面倒くさくてもお風呂を沸かしてゆったり浸かる習慣を付ける。

横隔膜よりも下を充分に温めてから、肩まで浸かって長すぎない程度で上がる。

肩までの長い入浴は場合によっては心臓への負担になる。


それらのことに注意しながら、腰を守って冬を乗り切ってもらいたい。

夏は夏で冬以上にクーラーという敵がいるので、これまた腰の難行であるのだが。


何を隠そう、今僕も腰が痛い。

上記のことに気を付けていても、何かミスって腰に来る。

僕の場合仕事場での足の冷えが腰に来ているらしい。

こうなってしまえば自分で鍼治療とお腹に温灸を施すことになる。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日奈良県郡山市の近鉄郡山駅と筒井駅の間の小さな踏切で、全盲の女性が電車には ねられ死亡した。 事故の処理に当たった警察によると30代から40代の女性、とされていたが、身元 が分かれば丁度50歳だったらしい。 現場には白杖と障害者手帳の入ったバッグが散らばり、それから本人が倒れていた。 おそらく電車にはねられた、というよりはひっかけられた、という風だったのではな いだろうか。 でもとにかく彼女は命

近年食べ物に関してはどうも日本食ばかりに気が向く。 鰹、昆布、いりこ出汁の香りの料理がとにかく何ともほっとした気持ちにさせてくれる。 そういった出汁の香りを嗅ぐと、いつもお婆ちゃんの家が目に浮かぶ。 京都の御所の近くのとても古い町屋。 犬矢来の脇の格子戸を開けて暗い家に入ると、石の床の廊下が裏庭まで真っ直ぐに伸 びている。 鰻の寝床である。 廊下の左に、台所を挟んで三つの大きな部屋が細長く並んでい

皆さんももう気付いていることとは思うが、このところ家庭内の虐待で子供が命を落 としている事件があまりにも多い。 誰もがこの悲惨な事件を直視することができず、別世界の出来事としてそこに視線を できるだけ向けないようにして生きているはずである。 しかしこれは我々の中にも含まれている問題だろうと僕は考える。 平安時代比叡山で権勢を振るっていた寺の僧兵たちが、定期的に馬で群れを成して京 都の町を襲い、市民