「Let's begin、パート14」大阪市、西区、阿波座

皆さんももう気付いていることとは思うが、このところ家庭内の虐待で子供が命を落

としている事件があまりにも多い。

誰もがこの悲惨な事件を直視することができず、別世界の出来事としてそこに視線を

できるだけ向けないようにして生きているはずである。

しかしこれは我々の中にも含まれている問題だろうと僕は考える。


平安時代比叡山で権勢を振るっていた寺の僧兵たちが、定期的に馬で群れを成して京

都の町を襲い、市民に対し殺戮、強姦、略奪を繰り返していた。

秀吉が朝鮮攻略を実行したことで、目的地への行軍途中現地の庶民の家を襲い、楽し

みとしての殺人、強姦、略奪を繰り返した。

大阪夏の陣、冬の陣で、長期にわたって大阪城の周りで駐留していた徳川軍の兵たち

は、毎日のように城周辺の庶民の家を襲い、意味のない殺人、強姦、略奪を繰り返し

ていた。

イギリス人が黒人たちを捕獲し、楽しみのための虐待を行っていたことも同様。

南京攻略の命を受けた日本軍が、南京に到着するまで、また南京市内で行ったことも

同様。

戦時中、国の安全を乱すという理由で、無実の者を捉えて拷問、殺人を繰り返してい

た憲兵。

現在家庭内という閉鎖された空間で、親が自分のいらいらのはけ口、または楽しみの

ために子供たちを虐待する。

これらの現象を僕は「サイコスイッチ」と呼んでいる。

残念ながらすべての人間の中にこのスイッチがちゃんと存在していて、一旦スイッチ

が切り替われば、上記のようなことが起こりえる。

これは「他人に対して権力を持って何を行ってもお咎めなし!」という環境が出来上

がれば群衆意識において発生する。

まさか!

いや、残念ながらそれが人間、いや生物一般なのだ。

どうして我々生物の中にそういったスイッチが組み込まれているかは不明だ。

とにかく我々は協力してその我々自身の中のスイッチが入らないよう、最善の注意を

はらって生きて行かなければならない。

その手立てはやはり教育にあるのではないだろうか。

人の生き方、考え方を解いて行く教育。

しかしその教師、親たちさえがすでにサイコスイッチを入れてしまった者であればど

うすることもできない。

水面下でスイッチオンに何の抵抗もない者たちがどんどん増えているように思える。

クラス内や職場での虐めもそのスイッチが鈍く怪しく光り出だしている具現なのだ。

サイコパスとは精神病というくくりで考えられている。

しかしこれは病気ではなく、我々生物が自然に備えている奥底のスイッチであること

を、まずは認識しなくてはならない。

そしてそれがパチンと入ってしまわないよう、そのために何をどうすればいいかを皆

で考える。

それがまずは子供たちの命を守る第一歩であろうと僕は考える。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日奈良県郡山市の近鉄郡山駅と筒井駅の間の小さな踏切で、全盲の女性が電車には ねられ死亡した。 事故の処理に当たった警察によると30代から40代の女性、とされていたが、身元 が分かれば丁度50歳だったらしい。 現場には白杖と障害者手帳の入ったバッグが散らばり、それから本人が倒れていた。 おそらく電車にはねられた、というよりはひっかけられた、という風だったのではな いだろうか。 でもとにかく彼女は命

近年食べ物に関してはどうも日本食ばかりに気が向く。 鰹、昆布、いりこ出汁の香りの料理がとにかく何ともほっとした気持ちにさせてくれる。 そういった出汁の香りを嗅ぐと、いつもお婆ちゃんの家が目に浮かぶ。 京都の御所の近くのとても古い町屋。 犬矢来の脇の格子戸を開けて暗い家に入ると、石の床の廊下が裏庭まで真っ直ぐに伸 びている。 鰻の寝床である。 廊下の左に、台所を挟んで三つの大きな部屋が細長く並んでい

僕は彼がまだそれほど有名でないころから、何かの切っ掛けがあって彼の作品を読む ようになっていた。 村上春樹。 いわゆる彼は突然に現れた。 何か大きな賞を取った訳でもなく、マスコミが飛び付きそうなドラマチックな背景が ある訳でもなく。 ノルウェーの森がベストセラーになる前も、目立たないところでしこしこ作品を書い てファンを少ないながらも獲得していた。 いわゆる文壇に認められてマスコミに押し出された作