「Let's begin、パート15」大阪市、西区、阿波座

近年食べ物に関してはどうも日本食ばかりに気が向く。

鰹、昆布、いりこ出汁の香りの料理がとにかく何ともほっとした気持ちにさせてくれる。

そういった出汁の香りを嗅ぐと、いつもお婆ちゃんの家が目に浮かぶ。

京都の御所の近くのとても古い町屋。

犬矢来の脇の格子戸を開けて暗い家に入ると、石の床の廊下が裏庭まで真っ直ぐに伸

びている。

鰻の寝床である。

廊下の左に、台所を挟んで三つの大きな部屋が細長く並んでいる。

台所にも部屋にも窓と言うものがない。

突き当りの狭い縁側からのみ陽の光が入って来る。

家中には鰹出汁と昆布出汁の香りが充満していて、何十年の暮らしで染みついた糠の

香りが漂っていた。

綺麗な京都弁を話すお婆ちゃんが台所から顔を出して「はい、いらっしゃい」と微笑む。

ああ、あの嫋やかな京都弁を僕はいつも傍らで耳にしていた。

今はもうどこに行っても聞くことができない言語。

古い町屋、鰹出汁の香り、お婆ちゃんの京都弁。

それらが一体となっていつも美しい記憶として蘇る。

固形や粉の市販される出汁の香りでは、あの記憶は蘇らない。

出汁を取って料理をするという日本の味覚は、なんと美しい文化であろうか。

今となってみれば、僕にとっての故郷である京都は、母親よりも祖母に端を発してい

るようにさえ思える。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日奈良県郡山市の近鉄郡山駅と筒井駅の間の小さな踏切で、全盲の女性が電車には ねられ死亡した。 事故の処理に当たった警察によると30代から40代の女性、とされていたが、身元 が分かれば丁度50歳だったらしい。 現場には白杖と障害者手帳の入ったバッグが散らばり、それから本人が倒れていた。 おそらく電車にはねられた、というよりはひっかけられた、という風だったのではな いだろうか。 でもとにかく彼女は命

皆さんももう気付いていることとは思うが、このところ家庭内の虐待で子供が命を落 としている事件があまりにも多い。 誰もがこの悲惨な事件を直視することができず、別世界の出来事としてそこに視線を できるだけ向けないようにして生きているはずである。 しかしこれは我々の中にも含まれている問題だろうと僕は考える。 平安時代比叡山で権勢を振るっていた寺の僧兵たちが、定期的に馬で群れを成して京 都の町を襲い、市民

僕は彼がまだそれほど有名でないころから、何かの切っ掛けがあって彼の作品を読む ようになっていた。 村上春樹。 いわゆる彼は突然に現れた。 何か大きな賞を取った訳でもなく、マスコミが飛び付きそうなドラマチックな背景が ある訳でもなく。 ノルウェーの森がベストセラーになる前も、目立たないところでしこしこ作品を書い てファンを少ないながらも獲得していた。 いわゆる文壇に認められてマスコミに押し出された作