「Let's begin、パート2」大阪市、西区、阿波座

鍼灸学校を卒業する時に掲げた自己努力目標が、鍼灸に寄る開業、勤め、流派の修行

、音楽活動の継続(音楽教室運営や合唱団指導を含む)、詩作。

この五つであった。

卒業後詩作以外は自分なりに実行を試みてきた。

10年前までは同人誌に参加し書くことを楽しむことができていたが、いろいろあっ

て同人誌を止めてからは書くという環境をなくして、筆も進まなくなり詩からは遠ざ

かっていた。

ここに来てちょっとした切っ掛けからある同人誌に参加させてもらい、また書いてみ

る機会を得た。

早速次の号の発行に間に合うよう作品を提出するようにという指示を受けて、いくつ

か書いてみた。

もちろんのこと、納得できるようなものは容易に書けない。

今自分の中にあるものを素直に作品に投影できることが重要なのだが、年を重ねれば

重ねるほど頭で考える理論に傾いて行く。

十代のころのような純粋な女性への思い、生きていることの疑問、先の見えない自分

の人生、まだ分からないことへの好奇心と熱望。

そういった漠然とした期待や不安はどこかに消え、思い出、哲学、理論、政治、人間

関係の諦めと溜息、愚痴。

そういったものの自分の変化の中で詩を書けば、出来上がったものは論文か説明文か

説教になってしまう。

とりもなおさずこれは分からない者、予想のつかないものが著しく減少して来ること

によるものだろう。

だから仕方なく思い出にしがみ付くことになる。

でも僕は今が欲しい。

年齢を重ねたものが、自分の今を詩に表すことはとても難しいと僕は思う。

でも自分の文章を模索して行くことが、これまた楽しい作業である。

どういったものが現れるか、自ら楽しみにしている。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日奈良県郡山市の近鉄郡山駅と筒井駅の間の小さな踏切で、全盲の女性が電車には ねられ死亡した。 事故の処理に当たった警察によると30代から40代の女性、とされていたが、身元 が分かれば丁度50歳だったらしい。 現場には白杖と障害者手帳の入ったバッグが散らばり、それから本人が倒れていた。 おそらく電車にはねられた、というよりはひっかけられた、という風だったのではな いだろうか。 でもとにかく彼女は命

近年食べ物に関してはどうも日本食ばかりに気が向く。 鰹、昆布、いりこ出汁の香りの料理がとにかく何ともほっとした気持ちにさせてくれる。 そういった出汁の香りを嗅ぐと、いつもお婆ちゃんの家が目に浮かぶ。 京都の御所の近くのとても古い町屋。 犬矢来の脇の格子戸を開けて暗い家に入ると、石の床の廊下が裏庭まで真っ直ぐに伸 びている。 鰻の寝床である。 廊下の左に、台所を挟んで三つの大きな部屋が細長く並んでい

皆さんももう気付いていることとは思うが、このところ家庭内の虐待で子供が命を落 としている事件があまりにも多い。 誰もがこの悲惨な事件を直視することができず、別世界の出来事としてそこに視線を できるだけ向けないようにして生きているはずである。 しかしこれは我々の中にも含まれている問題だろうと僕は考える。 平安時代比叡山で権勢を振るっていた寺の僧兵たちが、定期的に馬で群れを成して京 都の町を襲い、市民