「Let's begin、パート4」大阪市、西区、阿波座

僕は重度の読書中毒である。

その本が面白かろうがつまらなかろうが、常に何か読んでいないと落ち着かない。

20年ほど前にリンクポケットという読書器を知ってから、読書中毒に陥った。

サピエ図書というオンラインでの図書館があり、リンクポケットというガラ系の携帯

電話ぐらいの大きさの装置でダウンロードして、読書サービスされたものを聴く。

これは視覚障碍者専用のものなので、一般の方々は手に入れることはできない。

ここは大概の本は見つけることができる巨大なオンライン図書館である。


今は林文子の「放浪記」というのを読んでいる。

子供のころに親子三人で郷里の熊本を追い出されてから、女給や下働きをしながらほ

とんど乞食同然の生活で、その日の食べる物もないほどな貧困の日々を過ごして生き

ることが書いてある。

当時の日記を軸にして書かれた話なので、毎日お腹が空いた、もう死にたい、という

ような文句ばかりが並んでいる。

今読んでいる箇所では関東大震災のころ、彼女は二十代半ばである。

そんな社会の底辺とも言える毎日の彼女が、いつ、どのようにして大作家になって行

くのか、とても不思議である。

この「放浪記」がベストセラーとなって人気作家に躍り出るのだが、その後も47歳

で心不全で急死するまで彼女の書いた本は売れに売れる。

他界した後の財産には、五百坪の家が二つもあったとか。

小学校も出ておらず、ぼろぼろの服で家もなくて財布の中はいつも五十銭足らずであ

った彼女。

当時まだまだ重要とされた家柄、財産というものなしに大作家となり、後世に名を遺

した一生は実に不可思議で心惹かれるものである。

そんな子供時代、少女時代の苦労を經驗した性か、気が荒く破天荒で、文壇からはつ

まはじきにされていたようである。

傍にいないから言えることかもしれないが、ますます興味深い人である。

彼女の作品はいくつか読んでみようと思う。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今朝のヤフーニュースを見て二度驚愕した。 去年に発生していた重大事件が今になって公開されたこと。 膨大に広がる将来を約束されていた少年の命を奪ったのが政府の政策であること。 「ワクチン接種数時間後に急死 「息子は浴槽に沈んでいた…」国の結論はまたも“ 評価不能” 8月25日(木曜日) 17時51分配信 CBCテレビ 新型コロナワクチンを接種したその日に息を引き取った13歳の少年。 少年の搬送先の病

この国の専門家と呼ばれる人たちは、どうしてこうピントが外れているのだろう、と 首を捻ることが三つ出て来た。 一つはコロナ感染対策、もう一つはヒトパピロマウイルス感染予防、それからワクチ ン接種のことである。 コロナ感染対策としてマスコミに出て来る専門家たる医療関係者が皆訴えるのが、手 洗い、うがい、マスク、三密回避である。 ここに鼻うがい、という項目はいつも含まれない。 僕の記憶では、コロナに関わ

浅田次郎の「一刀斎夢録」という長編小説を読み終わった。 新撰組の三番隊長を務めていた斎藤一(さいとうはじめ)が、戊辰戦争の度重なるいくさ を潜り抜け、西南戦争にも参加し70歳を超えた大正時代まで生き延び、剣の道を究 めようとする若い陸軍将校を相手に、京都での新撰組華やかしころから政府軍の反逆 者の位置に追いやられて悪者扱いされて次々無惨な最期を迎えるまでを、記憶を辿って 話し聞かせることが小説にな