「Let's begin、パート4」大阪市、西区、阿波座

僕は重度の読書中毒である。

その本が面白かろうがつまらなかろうが、常に何か読んでいないと落ち着かない。

20年ほど前にリンクポケットという読書器を知ってから、読書中毒に陥った。

サピエ図書というオンラインでの図書館があり、リンクポケットというガラ系の携帯

電話ぐらいの大きさの装置でダウンロードして、読書サービスされたものを聴く。

これは視覚障碍者専用のものなので、一般の方々は手に入れることはできない。

ここは大概の本は見つけることができる巨大なオンライン図書館である。


今は林文子の「放浪記」というのを読んでいる。

子供のころに親子三人で郷里の熊本を追い出されてから、女給や下働きをしながらほ

とんど乞食同然の生活で、その日の食べる物もないほどな貧困の日々を過ごして生き

ることが書いてある。

当時の日記を軸にして書かれた話なので、毎日お腹が空いた、もう死にたい、という

ような文句ばかりが並んでいる。

今読んでいる箇所では関東大震災のころ、彼女は二十代半ばである。

そんな社会の底辺とも言える毎日の彼女が、いつ、どのようにして大作家になって行

くのか、とても不思議である。

この「放浪記」がベストセラーとなって人気作家に躍り出るのだが、その後も47歳

で心不全で急死するまで彼女の書いた本は売れに売れる。

他界した後の財産には、五百坪の家が二つもあったとか。

小学校も出ておらず、ぼろぼろの服で家もなくて財布の中はいつも五十銭足らずであ

った彼女。

当時まだまだ重要とされた家柄、財産というものなしに大作家となり、後世に名を遺

した一生は実に不可思議で心惹かれるものである。

そんな子供時代、少女時代の苦労を經驗した性か、気が荒く破天荒で、文壇からはつ

まはじきにされていたようである。

傍にいないから言えることかもしれないが、ますます興味深い人である。

彼女の作品はいくつか読んでみようと思う。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日奈良県郡山市の近鉄郡山駅と筒井駅の間の小さな踏切で、全盲の女性が電車には ねられ死亡した。 事故の処理に当たった警察によると30代から40代の女性、とされていたが、身元 が分かれば丁度50歳だったらしい。 現場には白杖と障害者手帳の入ったバッグが散らばり、それから本人が倒れていた。 おそらく電車にはねられた、というよりはひっかけられた、という風だったのではな いだろうか。 でもとにかく彼女は命

近年食べ物に関してはどうも日本食ばかりに気が向く。 鰹、昆布、いりこ出汁の香りの料理がとにかく何ともほっとした気持ちにさせてくれる。 そういった出汁の香りを嗅ぐと、いつもお婆ちゃんの家が目に浮かぶ。 京都の御所の近くのとても古い町屋。 犬矢来の脇の格子戸を開けて暗い家に入ると、石の床の廊下が裏庭まで真っ直ぐに伸 びている。 鰻の寝床である。 廊下の左に、台所を挟んで三つの大きな部屋が細長く並んでい

皆さんももう気付いていることとは思うが、このところ家庭内の虐待で子供が命を落 としている事件があまりにも多い。 誰もがこの悲惨な事件を直視することができず、別世界の出来事としてそこに視線を できるだけ向けないようにして生きているはずである。 しかしこれは我々の中にも含まれている問題だろうと僕は考える。 平安時代比叡山で権勢を振るっていた寺の僧兵たちが、定期的に馬で群れを成して京 都の町を襲い、市民