「Let's begin、パート8」大阪市、西区、阿波座

声楽の分野で、南欧の人たちの声は特別である。

ロシアやヨーロッパ諸国の人たちの声にも圧倒されるが、イタリア、スペインなどの

南欧と呼ばれる国々の人たちの声は、もう誰にも真似できない音色と力強さを備えて

いる。

これは一体どこに違いがあるのか。

それは筋肉の違いである。

声にまつわる筋肉というものは強いだけではだめで、柔らかさと力強さとしなやかさ

などが総合的に加味されていなければならない。

よって古来からの名歌手は意外と見た目の筋肉質ではない人が多かったと言われてい

る。

ドイツ人やアメリカ人のように体の大きな者が得かとおもいきや、イタリア人などは

とても小柄で、日本人とそう変わらない。

テノールという男性の声種に限った話をすると、高音の鳴り方が全く違う。

明らかに筋肉の働き方に違いがある。

ではなぜイタリア人だけが他に類を見ない筋肉を有しているのか。

それは不明である。

通常古代から食べて来た物、気候などが作用しているのでは、と考えるべきである。

しかしイタリアと同様動物性蛋白質を豊富に摂取し、お天気の良い国というのは他に

もある。

後考えられるのは、イタリア語のもつ発音の性質が筋肉をバランス良くトレーニング

するのかもしれない。

でもそんなことだけで説明がつかないほど、彼らの声は素晴らしいのである。

しかし不思議なことに、録音として残っている戦前、戦中、戦後辺りに活躍していた

歌い手の声の素晴らしさは、今はもう聞けないように思える。

僕のドイツでの先生もおっしゃっていたが、戦後すぐ若いころに歌劇場に通って耳に

していた歌い手の声は、今はどこに行っても聞くことができない、と。

おそらく百年、二百年前にも想像もつかない素晴らしい声が存在したのかもしれない。

ではなぜ現代は、イタリアにおいておやそれが消えてしまったのか。

これもまた不明である。

地球上の人間の生態系に何かしらの変化があるのかもしれない。

ドイツの先生は、この世に電気が現れ、スピーカーというものが出て来てから人の声

はだめになった、とおっしゃっていた。

歌声を聞きたければ歌劇場に足を運んで、全くの生の音を耳にするしかなかった時代。

それが聴き手の耳を育て、歌い手を育てた、と。

確かにそれもあるかもしれない。

でももっとホルモンや栄養素にまつわる身体の中の問題が含まれているように僕には

思える。

どちらにしても、生まれつき全く異なったマテリアールに途方に暮れるのである。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日奈良県郡山市の近鉄郡山駅と筒井駅の間の小さな踏切で、全盲の女性が電車には ねられ死亡した。 事故の処理に当たった警察によると30代から40代の女性、とされていたが、身元 が分かれば丁度50歳だったらしい。 現場には白杖と障害者手帳の入ったバッグが散らばり、それから本人が倒れていた。 おそらく電車にはねられた、というよりはひっかけられた、という風だったのではな いだろうか。 でもとにかく彼女は命

近年食べ物に関してはどうも日本食ばかりに気が向く。 鰹、昆布、いりこ出汁の香りの料理がとにかく何ともほっとした気持ちにさせてくれる。 そういった出汁の香りを嗅ぐと、いつもお婆ちゃんの家が目に浮かぶ。 京都の御所の近くのとても古い町屋。 犬矢来の脇の格子戸を開けて暗い家に入ると、石の床の廊下が裏庭まで真っ直ぐに伸 びている。 鰻の寝床である。 廊下の左に、台所を挟んで三つの大きな部屋が細長く並んでい

皆さんももう気付いていることとは思うが、このところ家庭内の虐待で子供が命を落 としている事件があまりにも多い。 誰もがこの悲惨な事件を直視することができず、別世界の出来事としてそこに視線を できるだけ向けないようにして生きているはずである。 しかしこれは我々の中にも含まれている問題だろうと僕は考える。 平安時代比叡山で権勢を振るっていた寺の僧兵たちが、定期的に馬で群れを成して京 都の町を襲い、市民