ご質問ありがとうございます

最終更新: 2019年7月23日

Q: 初めて質問させていただきます。歌い手なのですが、鼻がつまるとどうも声の抜けが 悪く歌いにくいのですが、こういう場合も鍼をしてもらうことで改善されるのでしょ うか?


A: ご質問ありがとうございます。 風邪でもないのに常に鼻が詰まり気味ということですね。 鼻腔への共鳴が閉ざされると、歌うことで声帯自体に負担がかかります。 音源から共鳴腔への道筋はいつも弊害なく通っていることが必要ですね。 さて、何故慢性的に鼻が詰まるかという問題ですが、やはりアレルギー反応であることが考えられます。 今は花粉の飛ぶ時期ではありませんが、空気中には一年中黄砂が中国の工場地帯でたっぷり化学物質を含んで飛んできています。 メディアで黄砂情報を出す時だけではないのです。 我々はそれを鼻から肺へと絶え間なく吸い込んでいる訳ですが、それが原因不明の咳や、鼻詰まりという症状で出ているものと思われます。 それと胃へかける負担が鼻詰まりを悪化させます。 アレルギー反応は免疫の興奮ですから、その免疫を抑制し、胃の疲れ、負担を取ることが鍼治療で可能ですから、鼻詰まりを軽減させることは可能と考えます。 生活の中では、遅い時間の食事、食べ過ぎ、冷たい飲み物の取り過ぎ等に気を付けて下さい。

(チャットでご質問くださったのに、すぐ返信できず申し訳ありません。こちらに書かせて頂きました。)



20回の閲覧

最新記事

すべて表示

「鍼灸治療の流派、パート23」大阪市、西区、阿波座

皆さんの家で使用している塩はどのようなものですか。 食塩と呼ばれているものですか、それとも天然塩ですか。 治療に来られる50歳以上の方々は、驚くほど皆血圧降下剤を飲んでいます。 医師に勧められて飲まされていることもありますが、血圧が高くなる原因を 年だから、と納得している人がほとんどです。 しかしこれが年とは関係なく、日常口にしている塩が原因とすればどうでしょう。 スーパーなどで売っている白いさら

「鍼灸治療の流派、パート22」大阪市、西区、阿波座

2020、5,5 阿波座に茶木鍼灸院を開設して、2年が過ぎようとしていた。 そのころも時間を見つけては師匠のところに通い、その都度ボロクソに言われながら も、少しずつでも技術を盗もうと躍起になっていた。 厳しい指導を受けながらも不思議とそれさえとても楽しく、その都度確実に獲得して 行く知識と技術を楽しんでいた。 一方、一年間勤め先を探し回った末、そのころには結局卒業時に学校から

無題   大阪市、西区、阿波座  

2020、4、20 次に思い出すのが、僕が歌の勉強のためにドイツに旅立つ日、家の近くのスーパーの 前まで一緒に歩いて、大きなスーツケースを転がす僕を見送って「ほな、元気に行っ てらっしゃい!」と声を掛けた母。 その後、僕は7年間帰国しなかった。 帰ったら妹に双子の子供が生まれていて、もう三歳になっていた。 母はお土産に持ち帰った香水を嬉しそうに服の上から振りかけていた。 それ以後を思い出そうとして

© 茶木鍼灸院 All rights reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon