ご質問ありがとうございます

更新日:2019年7月23日

Q: 初めて質問させていただきます。歌い手なのですが、鼻がつまるとどうも声の抜けが 悪く歌いにくいのですが、こういう場合も鍼をしてもらうことで改善されるのでしょ うか?


A: ご質問ありがとうございます。 風邪でもないのに常に鼻が詰まり気味ということですね。 鼻腔への共鳴が閉ざされると、歌うことで声帯自体に負担がかかります。 音源から共鳴腔への道筋はいつも弊害なく通っていることが必要ですね。 さて、何故慢性的に鼻が詰まるかという問題ですが、やはりアレルギー反応であることが考えられます。 今は花粉の飛ぶ時期ではありませんが、空気中には一年中黄砂が中国の工場地帯でたっぷり化学物質を含んで飛んできています。 メディアで黄砂情報を出す時だけではないのです。 我々はそれを鼻から肺へと絶え間なく吸い込んでいる訳ですが、それが原因不明の咳や、鼻詰まりという症状で出ているものと思われます。 それと胃へかける負担が鼻詰まりを悪化させます。 アレルギー反応は免疫の興奮ですから、その免疫を抑制し、胃の疲れ、負担を取ることが鍼治療で可能ですから、鼻詰まりを軽減させることは可能と考えます。 生活の中では、遅い時間の食事、食べ過ぎ、冷たい飲み物の取り過ぎ等に気を付けて下さい。

(チャットでご質問くださったのに、すぐ返信できず申し訳ありません。こちらに書かせて頂きました。)



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日奈良県郡山市の近鉄郡山駅と筒井駅の間の小さな踏切で、全盲の女性が電車には ねられ死亡した。 事故の処理に当たった警察によると30代から40代の女性、とされていたが、身元 が分かれば丁度50歳だったらしい。 現場には白杖と障害者手帳の入ったバッグが散らばり、それから本人が倒れていた。 おそらく電車にはねられた、というよりはひっかけられた、という風だったのではな いだろうか。 でもとにかく彼女は命

近年食べ物に関してはどうも日本食ばかりに気が向く。 鰹、昆布、いりこ出汁の香りの料理がとにかく何ともほっとした気持ちにさせてくれる。 そういった出汁の香りを嗅ぐと、いつもお婆ちゃんの家が目に浮かぶ。 京都の御所の近くのとても古い町屋。 犬矢来の脇の格子戸を開けて暗い家に入ると、石の床の廊下が裏庭まで真っ直ぐに伸 びている。 鰻の寝床である。 廊下の左に、台所を挟んで三つの大きな部屋が細長く並んでい

皆さんももう気付いていることとは思うが、このところ家庭内の虐待で子供が命を落 としている事件があまりにも多い。 誰もがこの悲惨な事件を直視することができず、別世界の出来事としてそこに視線を できるだけ向けないようにして生きているはずである。 しかしこれは我々の中にも含まれている問題だろうと僕は考える。 平安時代比叡山で権勢を振るっていた寺の僧兵たちが、定期的に馬で群れを成して京 都の町を襲い、市民