ご質問ありがとうございます

更新日:2019年7月23日

Q: 初めて質問させていただきます。歌い手なのですが、鼻がつまるとどうも声の抜けが 悪く歌いにくいのですが、こういう場合も鍼をしてもらうことで改善されるのでしょ うか?


A: ご質問ありがとうございます。 風邪でもないのに常に鼻が詰まり気味ということですね。 鼻腔への共鳴が閉ざされると、歌うことで声帯自体に負担がかかります。 音源から共鳴腔への道筋はいつも弊害なく通っていることが必要ですね。 さて、何故慢性的に鼻が詰まるかという問題ですが、やはりアレルギー反応であることが考えられます。 今は花粉の飛ぶ時期ではありませんが、空気中には一年中黄砂が中国の工場地帯でたっぷり化学物質を含んで飛んできています。 メディアで黄砂情報を出す時だけではないのです。 我々はそれを鼻から肺へと絶え間なく吸い込んでいる訳ですが、それが原因不明の咳や、鼻詰まりという症状で出ているものと思われます。 それと胃へかける負担が鼻詰まりを悪化させます。 アレルギー反応は免疫の興奮ですから、その免疫を抑制し、胃の疲れ、負担を取ることが鍼治療で可能ですから、鼻詰まりを軽減させることは可能と考えます。 生活の中では、遅い時間の食事、食べ過ぎ、冷たい飲み物の取り過ぎ等に気を付けて下さい。

(チャットでご質問くださったのに、すぐ返信できず申し訳ありません。こちらに書かせて頂きました。)



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今朝のヤフーニュースを見て二度驚愕した。 去年に発生していた重大事件が今になって公開されたこと。 膨大に広がる将来を約束されていた少年の命を奪ったのが政府の政策であること。 「ワクチン接種数時間後に急死 「息子は浴槽に沈んでいた…」国の結論はまたも“ 評価不能” 8月25日(木曜日) 17時51分配信 CBCテレビ 新型コロナワクチンを接種したその日に息を引き取った13歳の少年。 少年の搬送先の病

この国の専門家と呼ばれる人たちは、どうしてこうピントが外れているのだろう、と 首を捻ることが三つ出て来た。 一つはコロナ感染対策、もう一つはヒトパピロマウイルス感染予防、それからワクチ ン接種のことである。 コロナ感染対策としてマスコミに出て来る専門家たる医療関係者が皆訴えるのが、手 洗い、うがい、マスク、三密回避である。 ここに鼻うがい、という項目はいつも含まれない。 僕の記憶では、コロナに関わ

浅田次郎の「一刀斎夢録」という長編小説を読み終わった。 新撰組の三番隊長を務めていた斎藤一(さいとうはじめ)が、戊辰戦争の度重なるいくさ を潜り抜け、西南戦争にも参加し70歳を超えた大正時代まで生き延び、剣の道を究 めようとする若い陸軍将校を相手に、京都での新撰組華やかしころから政府軍の反逆 者の位置に追いやられて悪者扱いされて次々無惨な最期を迎えるまでを、記憶を辿って 話し聞かせることが小説にな