「鍼灸治療の流派、パート14」大阪市、西区、阿波座

最終更新: 2019年4月11日


2019、2、14

その年の国家試験は、有り難いことに我が南大阪視覚支援学校の大会議室で行われた。

ここで説明しなくてはならないのは、我々視覚障害を持つものは、一般の受験者より

も少し時間を延長して試験に臨むことが許されている。

弱視のものや、私のようにデージー(録音された試験問題を耳で聴いて解答する方法)で

臨むものは、どうしても時間を要するためである。

ということで、視覚障碍者は大阪市内の北・南視覚支援学校理療科が合同で国家試験

に挑む。

その会場がたまたま我が学校であったということである。

もちろん出題される問題、その量は一般のそれと同じものである。

「視覚障碍者にとってその仕事に付けなければ生きては行けないのだから、試験も優

遇して欲しい」という意見も時々聞く。

しかし僕はそれは違うと考える。

視覚障碍者が優遇されて社会に出た場合「ああ、あいつは優遇されて資格を手にした

施術者だからな」という目で見られるようになるだろう。

もちろん視覚障碍者が健常者と同じ条件で国家試験に臨むのは、勉強期間の三年間も、

試験当日もハンディーのあることだろう。

でも、やらねばならないのだ。

堂々と胸を張って社会に出て行くためにも。

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

「鍼灸治療の流派、パート23」大阪市、西区、阿波座

皆さんの家で使用している塩はどのようなものですか。 食塩と呼ばれているものですか、それとも天然塩ですか。 治療に来られる50歳以上の方々は、驚くほど皆血圧降下剤を飲んでいます。 医師に勧められて飲まされていることもありますが、血圧が高くなる原因を 年だから、と納得している人がほとんどです。 しかしこれが年とは関係なく、日常口にしている塩が原因とすればどうでしょう。 スーパーなどで売っている白いさら

「鍼灸治療の流派、パート22」大阪市、西区、阿波座

2020、5,5 阿波座に茶木鍼灸院を開設して、2年が過ぎようとしていた。 そのころも時間を見つけては師匠のところに通い、その都度ボロクソに言われながら も、少しずつでも技術を盗もうと躍起になっていた。 厳しい指導を受けながらも不思議とそれさえとても楽しく、その都度確実に獲得して 行く知識と技術を楽しんでいた。 一方、一年間勤め先を探し回った末、そのころには結局卒業時に学校から

無題   大阪市、西区、阿波座  

2020、4、20 次に思い出すのが、僕が歌の勉強のためにドイツに旅立つ日、家の近くのスーパーの 前まで一緒に歩いて、大きなスーツケースを転がす僕を見送って「ほな、元気に行っ てらっしゃい!」と声を掛けた母。 その後、僕は7年間帰国しなかった。 帰ったら妹に双子の子供が生まれていて、もう三歳になっていた。 母はお土産に持ち帰った香水を嬉しそうに服の上から振りかけていた。 それ以後を思い出そうとして

© 茶木鍼灸院 All rights reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon