「鍼灸治療の流派、パート6」大阪市、阿波座、西区

更新日:2019年4月11日


2018、6、7 学校に入学してすぐぐらいの時に、ずっと通い続けて来た治療院の医院長に「学校に 入学して資格を取るべく3年間通います。 晴れてライセンスを取得できたら、是非こちらの治療院で修行をさせていただきたい のです」と強くお願いした。 患者として10年間通い続け、僕がここの治療にどれだけ深い興味を持っているかは 理解していただいていたこともあり、弟子入りを許可してもらうことができた。 大きな夢に向かって歩み出すのはいいが、日々やるべきことは、目の前の現実と戦う ことだった。 必死の思いで中間テストを乗り越えると、またあっと言う間に期末テストがやってく る。 その間には容赦なく何百ページ授業は進み、驚くほど広い試験範囲に溜息が出る。 それがいくつもの科目に渡るのだ。 最初のうちは「こんな広い試験範囲を勉強するのは不可能だ!」と途方に暮れたが、 何でもやってみれば人間やり熟せるもので、少しずつ勉強にも慣れて行った。 それぐらいのスピードですべての授業を進めなければ、三年間で国家試験を受けるた めの知識に間に合わないのだ。 やはり費やす時間は相当必要とされ、休日の日は16時間机の前に座って食事する時 間も、風呂に入る時間も惜しく、箸を持ったままパソコンを操作しながらだった。 一年生の初めての試験が終わった時、とても久しぶりに陽の光、鳥たちの声、戦ぐ風 を感じて外を歩いたことを覚えている。 そして要約初めての夏休みを迎え、やれやれと一息ついたのもつかの間、休み明けに 控えている校内実力テストに向かって毎日14時間以上パソコンに向かった。 そして8月半ばごろ、突然突発性難聴を発症し、病院に通うこととなった。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日奈良県郡山市の近鉄郡山駅と筒井駅の間の小さな踏切で、全盲の女性が電車には ねられ死亡した。 事故の処理に当たった警察によると30代から40代の女性、とされていたが、身元 が分かれば丁度50歳だったらしい。 現場には白杖と障害者手帳の入ったバッグが散らばり、それから本人が倒れていた。 おそらく電車にはねられた、というよりはひっかけられた、という風だったのではな いだろうか。 でもとにかく彼女は命

近年食べ物に関してはどうも日本食ばかりに気が向く。 鰹、昆布、いりこ出汁の香りの料理がとにかく何ともほっとした気持ちにさせてくれる。 そういった出汁の香りを嗅ぐと、いつもお婆ちゃんの家が目に浮かぶ。 京都の御所の近くのとても古い町屋。 犬矢来の脇の格子戸を開けて暗い家に入ると、石の床の廊下が裏庭まで真っ直ぐに伸 びている。 鰻の寝床である。 廊下の左に、台所を挟んで三つの大きな部屋が細長く並んでい

皆さんももう気付いていることとは思うが、このところ家庭内の虐待で子供が命を落 としている事件があまりにも多い。 誰もがこの悲惨な事件を直視することができず、別世界の出来事としてそこに視線を できるだけ向けないようにして生きているはずである。 しかしこれは我々の中にも含まれている問題だろうと僕は考える。 平安時代比叡山で権勢を振るっていた寺の僧兵たちが、定期的に馬で群れを成して京 都の町を襲い、市民