「鍼灸治療の流派、パート13」大阪市、西区、阿波座 

更新日:2019年7月23日


2019、2、10


2017年の年明けから国家試験本番の2月最終土日まではあっと言う間だった。

今更どこを集中的に勉強すればいいかも分からない。

三年間一心不乱に培ってきたものが自分のものになっていることを信じるしかない。

それで2月に入ったぐらいから変に落ち着いて来た。

毎日のんびりと三年間の資料を見直す日々。

後問題は、現在周りで流行っているインフルエンザに感染しないことだが、考えた末

予防注射は受けないことにした。

学校としては煩くワクチン接種を勧めていたが、今まであえて手を出さなかったので

それを今回も貫くこととした。

もし高熱を出して試験が受けられないとしても自業自得だ。

2月に入るとほとんど授業はなく、自宅で静かに勉強したいものはそのように、学校

で質問したいものはそのようにと、先生方は教室で待機して下さっている。

僕はほとんど登校し、様々な先生に質問しながら日々を送った。

今から思えば、培った知識を確認したり、分からないで放置したままになった問題点

を解決したりするような作業を、どこかで楽しんでいたようなところがあった。

京都の盲学校に在学していたころは、何とかめんどくさい勉強から逃れることばかり

を考え、ギターばかり弾いていた。

勉強することは根っから嫌いで、不得手なことと決めつけていた。

それは興味の持てないことばかりだったからだ。

でも50を超えてから三年間机の前に座ってみて、それがさほど不得手なことでもな

いことに気付いた。

そしてもう一つ大きな発見は、自分には僕自身が驚くほどの粘りがあるということ。

ここで声を大にして言えることは、粘りさえあれば頭の悪さはある程度までカバーで

きる、ということ。

そして逆に頭が良くても、粘りがなければそれは結果を齎さない、ということ。

そしてまた、粘りは心の底で好きなことだからこそ引き出せるエネルギーである、と

いうこと。

これがこの三年間で発見した気付かなかった自分の力であった。

そして結果国家試験前日を、とても体調の良い状態で迎えていた。

土曜日の朝はいつも通りの5時に起き、ゆっくりと朝食を取って、少し資料に目を通

してから試験会場に向かった。

底冷えのする寒い朝だった。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日奈良県郡山市の近鉄郡山駅と筒井駅の間の小さな踏切で、全盲の女性が電車には ねられ死亡した。 事故の処理に当たった警察によると30代から40代の女性、とされていたが、身元 が分かれば丁度50歳だったらしい。 現場には白杖と障害者手帳の入ったバッグが散らばり、それから本人が倒れていた。 おそらく電車にはねられた、というよりはひっかけられた、という風だったのではな いだろうか。 でもとにかく彼女は命

近年食べ物に関してはどうも日本食ばかりに気が向く。 鰹、昆布、いりこ出汁の香りの料理がとにかく何ともほっとした気持ちにさせてくれる。 そういった出汁の香りを嗅ぐと、いつもお婆ちゃんの家が目に浮かぶ。 京都の御所の近くのとても古い町屋。 犬矢来の脇の格子戸を開けて暗い家に入ると、石の床の廊下が裏庭まで真っ直ぐに伸 びている。 鰻の寝床である。 廊下の左に、台所を挟んで三つの大きな部屋が細長く並んでい

皆さんももう気付いていることとは思うが、このところ家庭内の虐待で子供が命を落 としている事件があまりにも多い。 誰もがこの悲惨な事件を直視することができず、別世界の出来事としてそこに視線を できるだけ向けないようにして生きているはずである。 しかしこれは我々の中にも含まれている問題だろうと僕は考える。 平安時代比叡山で権勢を振るっていた寺の僧兵たちが、定期的に馬で群れを成して京 都の町を襲い、市民