「鍼灸治療の流派、パート13」大阪市、西区、阿波座 

更新日:2019年7月23日


2019、2、10


2017年の年明けから国家試験本番の2月最終土日まではあっと言う間だった。

今更どこを集中的に勉強すればいいかも分からない。

三年間一心不乱に培ってきたものが自分のものになっていることを信じるしかない。

それで2月に入ったぐらいから変に落ち着いて来た。

毎日のんびりと三年間の資料を見直す日々。

後問題は、現在周りで流行っているインフルエンザに感染しないことだが、考えた末

予防注射は受けないことにした。

学校としては煩くワクチン接種を勧めていたが、今まであえて手を出さなかったので

それを今回も貫くこととした。

もし高熱を出して試験が受けられないとしても自業自得だ。

2月に入るとほとんど授業はなく、自宅で静かに勉強したいものはそのように、学校

で質問したいものはそのようにと、先生方は教室で待機して下さっている。

僕はほとんど登校し、様々な先生に質問しながら日々を送った。

今から思えば、培った知識を確認したり、分からないで放置したままになった問題点

を解決したりするような作業を、どこかで楽しんでいたようなところがあった。

京都の盲学校に在学していたころは、何とかめんどくさい勉強から逃れることばかり

を考え、ギターばかり弾いていた。

勉強することは根っから嫌いで、不得手なことと決めつけていた。

それは興味の持てないことばかりだったからだ。

でも50を超えてから三年間机の前に座ってみて、それがさほど不得手なことでもな

いことに気付いた。

そしてもう一つ大きな発見は、自分には僕自身が驚くほどの粘りがあるということ。

ここで声を大にして言えることは、粘りさえあれば頭の悪さはある程度までカバーで

きる、ということ。

そして逆に頭が良くても、粘りがなければそれは結果を齎さない、ということ。

そしてまた、粘りは心の底で好きなことだからこそ引き出せるエネルギーである、と

いうこと。

これがこの三年間で発見した気付かなかった自分の力であった。

そして結果国家試験前日を、とても体調の良い状態で迎えていた。

土曜日の朝はいつも通りの5時に起き、ゆっくりと朝食を取って、少し資料に目を通

してから試験会場に向かった。

底冷えのする寒い朝だった。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Let's begin、パート3」大阪市、西区、阿波座

僕はラジオ文化放送の「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」という番組を、ポッドキャス トに登録して聴いている。 本好きの鉄矢さんが読んで興味深い、と思ったものを鉄矢さんなりに解釈して面白く リスナーに紹介する番組である。 少々こねくり回し過ぎのきらいはあるが、鉄矢さんのあざやかな話術と目の付け所に感心 も感動もしながら楽しんでいる。 アシスタントの水谷加奈さんの明るく能天気な性格と、腹の底では鉄矢さんの言

「Let's begin、パート2」大阪市、西区、阿波座

鍼灸学校を卒業する時に掲げた自己努力目標が、鍼灸に寄る開業、勤め、流派の修行 、音楽活動の継続(音楽教室運営や合唱団指導を含む)、詩作。 この五つであった。 卒業後詩作以外は自分なりに実行を試みてきた。 10年前までは同人誌に参加し書くことを楽しむことができていたが、いろいろあっ て同人誌を止めてからは書くという環境をなくして、筆も進まなくなり詩からは遠ざ かっていた。 ここに来てちょっとした切っ

「Let's begin、パート1」大阪市、西区、阿波座

僕がちょうど小学校の高学年ぐらいだった頃、テレビドラマで「飛び出せ青春」というのが放映され始めました。 登場人物は高校生で僕にとっては随分お兄さんお姉さんたちのドラマだったけど、憧れを 持って夢中になって毎週見ていました。 それを今になってもう一度見て見たくなり、検索してDVDを探してみると、僕と同じ 世代の人たちの中でやはりファンが多いらしく、全24話5本セットのDVDにプレミア がついて高い値