無題   大阪市、西区、阿波座

最終更新: 4月13日

2020、3、19

先日13日に突然母が他界した。

82歳の現在まで大きな病気をしたことがなく、毎日忙しく飛び歩いていた。

僕が小学校に入ると働きに出て、60まで働きに働いた。

母は京都の酒屋の次女に生まれ、親が身を粉にして働いている姿を見て育ったせいか、

彼女自身とにかく体を動かして働く人であった。

僕がドイツから帰国してすぐ60歳になったことをかわきりに仕事はすっぱり止め、バ

トミントンを始めた。

「次の日曜日仕事が休みだからそちらに帰るわ」と電話しても「その日はバトミント

ンの合宿やから来んといて」と断られるぐらい、一生懸命にバトミントンサークルの

役員として活動し、亡くなる二日前にも練習に参加していた。

その他一人暮らしのお年寄りの家に行って掃除したり、買い物を請け負ったりするボ

ランティアの活動もしていたが、お世話するお年寄りといってもほとんどは母より年

下だったという。

「足が痛いからと言うて、一日家の中でテレビの守ばかりしているから体が弱るんや

!」と利用者に檄を飛ばすらしかった。

亡くなる前日は市の防災訓練に参加して、21時ごろ帰宅し、自分の部屋の炬燵に座

って、餡パンを食べながら誰かにメールを作成し、その後ごろりと炬燵に足を入れた

まま寝転んで、そのまま息を引き取ったようだ。

そんな死に方があるのだろうか。

作成していたメールには、明日どこどこに行って、どこに寄って、家には何時ごろに

帰って来る、というような内容が書かれていたので、母自身ありふれた毎日を普通に

過ごしていたのだ。

おそらく体のどこにもこれといった不快感はなかっただろう。

妹が異変に気付いたのは次の朝で、死に顔はとても穏やかで、まさに眠っているよう

だった。

変死ということで一旦警察に持っていかれ検査した結果、脳血管障害ではないという

ことが判明したので、おそらく心疾患が原因であろうということだった。つづく

0回の閲覧

© 茶木鍼灸院 All rights reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon