無題   大阪市、西区、阿波座

更新日:2020年4月13日

2020、3、19

先日13日に突然母が他界した。

82歳の現在まで大きな病気をしたことがなく、毎日忙しく飛び歩いていた。

僕が小学校に入ると働きに出て、60まで働きに働いた。

母は京都の酒屋の次女に生まれ、親が身を粉にして働いている姿を見て育ったせいか、

彼女自身とにかく体を動かして働く人であった。

僕がドイツから帰国してすぐ60歳になったことをかわきりに仕事はすっぱり止め、バ

トミントンを始めた。

「次の日曜日仕事が休みだからそちらに帰るわ」と電話しても「その日はバトミント

ンの合宿やから来んといて」と断られるぐらい、一生懸命にバトミントンサークルの

役員として活動し、亡くなる二日前にも練習に参加していた。

その他一人暮らしのお年寄りの家に行って掃除したり、買い物を請け負ったりするボ

ランティアの活動もしていたが、お世話するお年寄りといってもほとんどは母より年

下だったという。

「足が痛いからと言うて、一日家の中でテレビの守ばかりしているから体が弱るんや

!」と利用者に檄を飛ばすらしかった。

亡くなる前日は市の防災訓練に参加して、21時ごろ帰宅し、自分の部屋の炬燵に座

って、餡パンを食べながら誰かにメールを作成し、その後ごろりと炬燵に足を入れた

まま寝転んで、そのまま息を引き取ったようだ。

そんな死に方があるのだろうか。

作成していたメールには、明日どこどこに行って、どこに寄って、家には何時ごろに

帰って来る、というような内容が書かれていたので、母自身ありふれた毎日を普通に

過ごしていたのだ。

おそらく体のどこにもこれといった不快感はなかっただろう。

妹が異変に気付いたのは次の朝で、死に顔はとても穏やかで、まさに眠っているよう

だった。

変死ということで一旦警察に持っていかれ検査した結果、脳血管障害ではないという

ことが判明したので、おそらく心疾患が原因であろうということだった。つづく

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「Let's begin、パート3」大阪市、西区、阿波座

僕はラジオ文化放送の「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」という番組を、ポッドキャス トに登録して聴いている。 本好きの鉄矢さんが読んで興味深い、と思ったものを鉄矢さんなりに解釈して面白く リスナーに紹介する番組である。 少々こねくり回し過ぎのきらいはあるが、鉄矢さんのあざやかな話術と目の付け所に感心 も感動もしながら楽しんでいる。 アシスタントの水谷加奈さんの明るく能天気な性格と、腹の底では鉄矢さんの言

「Let's begin、パート2」大阪市、西区、阿波座

鍼灸学校を卒業する時に掲げた自己努力目標が、鍼灸に寄る開業、勤め、流派の修行 、音楽活動の継続(音楽教室運営や合唱団指導を含む)、詩作。 この五つであった。 卒業後詩作以外は自分なりに実行を試みてきた。 10年前までは同人誌に参加し書くことを楽しむことができていたが、いろいろあっ て同人誌を止めてからは書くという環境をなくして、筆も進まなくなり詩からは遠ざ かっていた。 ここに来てちょっとした切っ

「Let's begin、パート1」大阪市、西区、阿波座

僕がちょうど小学校の高学年ぐらいだった頃、テレビドラマで「飛び出せ青春」というのが放映され始めました。 登場人物は高校生で僕にとっては随分お兄さんお姉さんたちのドラマだったけど、憧れを 持って夢中になって毎週見ていました。 それを今になってもう一度見て見たくなり、検索してDVDを探してみると、僕と同じ 世代の人たちの中でやはりファンが多いらしく、全24話5本セットのDVDにプレミア がついて高い値