無題   大阪市、西区、阿波座

更新日:2020年4月13日

2020、3、19

先日13日に突然母が他界した。

82歳の現在まで大きな病気をしたことがなく、毎日忙しく飛び歩いていた。

僕が小学校に入ると働きに出て、60まで働きに働いた。

母は京都の酒屋の次女に生まれ、親が身を粉にして働いている姿を見て育ったせいか、

彼女自身とにかく体を動かして働く人であった。

僕がドイツから帰国してすぐ60歳になったことをかわきりに仕事はすっぱり止め、バ

トミントンを始めた。

「次の日曜日仕事が休みだからそちらに帰るわ」と電話しても「その日はバトミント

ンの合宿やから来んといて」と断られるぐらい、一生懸命にバトミントンサークルの

役員として活動し、亡くなる二日前にも練習に参加していた。

その他一人暮らしのお年寄りの家に行って掃除したり、買い物を請け負ったりするボ

ランティアの活動もしていたが、お世話するお年寄りといってもほとんどは母より年

下だったという。

「足が痛いからと言うて、一日家の中でテレビの守ばかりしているから体が弱るんや

!」と利用者に檄を飛ばすらしかった。

亡くなる前日は市の防災訓練に参加して、21時ごろ帰宅し、自分の部屋の炬燵に座

って、餡パンを食べながら誰かにメールを作成し、その後ごろりと炬燵に足を入れた

まま寝転んで、そのまま息を引き取ったようだ。

そんな死に方があるのだろうか。

作成していたメールには、明日どこどこに行って、どこに寄って、家には何時ごろに

帰って来る、というような内容が書かれていたので、母自身ありふれた毎日を普通に

過ごしていたのだ。

おそらく体のどこにもこれといった不快感はなかっただろう。

妹が異変に気付いたのは次の朝で、死に顔はとても穏やかで、まさに眠っているよう

だった。

変死ということで一旦警察に持っていかれ検査した結果、脳血管障害ではないという

ことが判明したので、おそらく心疾患が原因であろうということだった。つづく

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日奈良県郡山市の近鉄郡山駅と筒井駅の間の小さな踏切で、全盲の女性が電車には ねられ死亡した。 事故の処理に当たった警察によると30代から40代の女性、とされていたが、身元 が分かれば丁度50歳だったらしい。 現場には白杖と障害者手帳の入ったバッグが散らばり、それから本人が倒れていた。 おそらく電車にはねられた、というよりはひっかけられた、という風だったのではな いだろうか。 でもとにかく彼女は命

近年食べ物に関してはどうも日本食ばかりに気が向く。 鰹、昆布、いりこ出汁の香りの料理がとにかく何ともほっとした気持ちにさせてくれる。 そういった出汁の香りを嗅ぐと、いつもお婆ちゃんの家が目に浮かぶ。 京都の御所の近くのとても古い町屋。 犬矢来の脇の格子戸を開けて暗い家に入ると、石の床の廊下が裏庭まで真っ直ぐに伸 びている。 鰻の寝床である。 廊下の左に、台所を挟んで三つの大きな部屋が細長く並んでい

皆さんももう気付いていることとは思うが、このところ家庭内の虐待で子供が命を落 としている事件があまりにも多い。 誰もがこの悲惨な事件を直視することができず、別世界の出来事としてそこに視線を できるだけ向けないようにして生きているはずである。 しかしこれは我々の中にも含まれている問題だろうと僕は考える。 平安時代比叡山で権勢を振るっていた寺の僧兵たちが、定期的に馬で群れを成して京 都の町を襲い、市民