2020、4、12

僕が母を思い返す時、いつも瞼に浮かぶいくつかの時代の映像がある。

まず最初に浮かぶのは、窓から降り注ぐ午前の日差しを受けて明るく光る玄関の床に

四つん這いになって雑巾がけをする若い母の姿である。

僕はおそらく4歳ごろ、母は28歳というところであろうか。

その次は小学校一年に入学する前の学校訪問である。

弱視である僕を盲学校に入れることを深く悩んだ母は、おそらく決心できぬまま学校

へ相談に行ったのだと思う。

北大路通りを走る路面電車の駅を降りてから盲学校に着くまで、母は一言もしゃべら

ず、僕の前をどんどんと歩いて行く。

一体どうしたのだろうと僕は思いながら母の背中を眺めて歩いた。

その思いつめたような背中を今もよく覚えている。

次は盲学校小学部4年生の時、担任の先生が厳しい人で、それが嫌さに二人のクラス

メイトと共に学校を脱走して、6時間ほど歩いて僕のお婆ちゃんの家まで行った時の

ことだ。

そういう時にお婆ちゃんを求めるということは、やっぱりお婆ちゃんが好きだったの

だろう。

担任の先生が車で迎えに来て、学校の門を入ると、そこに三台のパトカーが止まって

いた。

三人の母たちが僕たちを引き取りに来て、家に帰るまで僕は酷く叱られると思ってい

たが、母はずっとにこにこ笑っていた。

何故なのかは僕にはさっぱり分からなかった。

次は僕が23歳のころである。

そのころ僕は大学院生で、学校を終えて帰って来た時にはもう暗くなっていた。

家に入り、誰もいないと思った暗い居間の明かりをつけると、そこにジャケットと帽

子をかぶったままの母が炬燵に座ってぼーっとしていた。

「なんやいたんか、なんで電気も着けずにいる?」と僕が驚いて尋ねると「あー」と

そのことに初めて気づいたように力なく声をあげた。

あの時おそらく父の入院している病院に呼ばれて、父の余命を告げられたのだろう。

母は父が亡くなる2週間前まで、僕と妹に事実を明かさなかった。つづく

21回の閲覧0件のコメント

最終更新: 2020年4月13日

2020、3、19

先日13日に突然母が他界した。

82歳の現在まで大きな病気をしたことがなく、毎日忙しく飛び歩いていた。

僕が小学校に入ると働きに出て、60まで働きに働いた。

母は京都の酒屋の次女に生まれ、親が身を粉にして働いている姿を見て育ったせいか、

彼女自身とにかく体を動かして働く人であった。

僕がドイツから帰国してすぐ60歳になったことをかわきりに仕事はすっぱり止め、バ

トミントンを始めた。

「次の日曜日仕事が休みだからそちらに帰るわ」と電話しても「その日はバトミント

ンの合宿やから来んといて」と断られるぐらい、一生懸命にバトミントンサークルの

役員として活動し、亡くなる二日前にも練習に参加していた。

その他一人暮らしのお年寄りの家に行って掃除したり、買い物を請け負ったりするボ

ランティアの活動もしていたが、お世話するお年寄りといってもほとんどは母より年

下だったという。

「足が痛いからと言うて、一日家の中でテレビの守ばかりしているから体が弱るんや

!」と利用者に檄を飛ばすらしかった。

亡くなる前日は市の防災訓練に参加して、21時ごろ帰宅し、自分の部屋の炬燵に座

って、餡パンを食べながら誰かにメールを作成し、その後ごろりと炬燵に足を入れた

まま寝転んで、そのまま息を引き取ったようだ。

そんな死に方があるのだろうか。

作成していたメールには、明日どこどこに行って、どこに寄って、家には何時ごろに

帰って来る、というような内容が書かれていたので、母自身ありふれた毎日を普通に

過ごしていたのだ。

おそらく体のどこにもこれといった不快感はなかっただろう。

妹が異変に気付いたのは次の朝で、死に顔はとても穏やかで、まさに眠っているよう

だった。

変死ということで一旦警察に持っていかれ検査した結果、脳血管障害ではないという

ことが判明したので、おそらく心疾患が原因であろうということだった。つづく

20回の閲覧0件のコメント

最終更新: 2020年2月16日

2020、1、22

卒業した年の秋に企画していたショスタコービッチ作曲「森の歌」の演奏会があり、

3月に卒業してからはその準備に追われた。

茶木鍼灸院の開業へ向けての手続きも終え、それと同時に勤め先を探してみる。

学校から一つ推薦してもらっていたが、もっと自分のやりたい仕事をやらせてくれる

ところがあるはずだ、と思い400店ほどをピックアップして片っ端から電話をかけて

雇用してもらえるかを尋ねて行く。

見事にすべてアウトである。

ライセンスを取得したとはいえ、現実はすぐに仕事にありつける訳ではないようだ。

そうこうしているうちに10月の演奏会本番を迎えた。

何とか大成功に終えることができてほっと胸を撫で下ろす。

そのころにはもう肋骨の痛みは感じなくなっていた。

開業した茶木鍼灸院はホームページを開設してチラシも撒いた。

年末までいくつかの演奏会に出演して年を越した。

16回の閲覧0件のコメント

© 茶木鍼灸院 All rights reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon